カーザ・デーチマ葡萄畑

英雄的な葡萄畑:海抜1100メートル

20世紀、ブロンテとマレットの農夫達はナーヴェ地域と呼ばれていたエトナ北西標高1100メートルの山腹に広がる非常に肥沃な狭い土地を耕作していました。かつてブロンテの公爵、ホレーショ・ネルソンの領地だったナーヴェ地域の地名はおそらく船(Nave)を彷彿させるこの地域の形状に由来しています。別の説ではこの地名は、アドラヌス神が自らの船の建造に必要な栗の木の材木をまさにこの地で得ていたという古代神話に由来していると言われています。

この地域で耕作するにはこの場所の極端な気候の変化とこの土地の高度と向きに適応する植物についての深い知識が必要不可欠です。このため、数世紀の間、農夫達は環境により良く適応し、卓越した味をもたらす植物や葡萄の木を選んできました。ナーヴェはかつて小さな果樹園、葡萄園、オリーブ園が広がる素晴らしい庭園でした。これらの遺産の大部分は時の流れと共に失われてしまいました。世代は移り変わり、人々の興味は別のことに向けられていきました。多くの土地は放置され、外部大農園化に対する援助金がこの傾向に拍車をかけました。サンタマリアラナーヴェの使命はこの素晴らしい地域の葡萄栽培を保護し、次世代に引き継ぐことです。

15年間に及ぶ接ぎ木のない古いクローン苗の研究

2000年、一人の地元の農学者が幾つかのエトナ土着品種を救うために、ナーヴェ地域に限界高度の葡萄畑を造るという素晴らしい冒険に私達を駆り立てました。農学者は15年間かけてグレカニコ・ドラート とアルバネッロの良質な木々を慎重に選別しました。全て接ぎ木されていない木で、そのほとんどがもはや見捨てられ、イバラに覆われていました。小さな庭園の木々のみが、この地域の頑固で年老いた最後の農夫達の愛情ある世話のおかげで生き生きと繁殖していました。数年に渡る研究を経て2004年、私達は耕作を続けられなくなった地元の年老いた農夫数人から隣接した一連の小さな土地を購入しました。私達の葡萄品種の植樹に最適な土質を持つ日当たりの良い土地でした。

ビデオ

カーザ・デーチマ葡萄畑

エトナ山腹ナーヴェ地域の葡萄畑の誕生

それから選別した接ぎ木による再植と土地の準備を開始し、ようやく植樹にこぎつけたのです。私達は厳選された約6000本のグレカニコ・ドラートの木と、もはやほぼ絶滅していた500本のアルバネッロを植樹しました。葡萄畑造りは存在する木々(クルミ、サクランボ、栗、洋梨、ハシバミ、アーモンド、リング、樫、オリーブ、アリカンテの葡萄の老樹、火山の極地で栽培されたバッカロッサの変種)のより優良な変種を保存し、風土を十二分に尊重して行われました。オリーブオイル用の貴重なエトナ変種、エトナ産ノチェッラーラは家族の別の地所に注意深く移植され、今日、家族とその親しい友人達のために最高品質のエクストラバージンオリーブオイルを生産しています。

当初から数年間、私達の葡萄畑では普通の枯死する木を取り木(つまり接ぎ木無し)の技術で作られた新しい葡萄の木と植え替えました。取り木はエトナの幾つかの斜面、特に限界高度において地質気候の特徴、土地の清浄さ、火山性土のおかげでフィロッセーラ(ブドウネアブラムシ)の危険がないので、使われてきた古い技術でです。取り木は葡萄の木が別の木に命を与える方法です。地域の過酷な条件と私達が維持にこだわる環境を尊重するアプローチによって、無数の木々が枯死しました。主な原因は野生動物に食べられてしまったことでしたが、例え被害があってもこの地の(私達よりずっと以前から住んでいた)自然の住人であり、この地の生態系の均衡を保つための協力者である彼らは、私達にとって歓迎すべき客なのです。従って現在、葡萄畑には接ぎ木無しの木の約15%が残っています。この冒険の中で私達はこの小さな葡萄畑をオアシスのように扱うことを決めました。このオアシスでは、生産性と利益に自然を従わせようとする強迫観念はなく、木々の命ずる自然のリズムのままに全ての事が運ぶのです。

ヴィーニャ・カーザ・デーチマ:エトナの生物多様性が見られる小さな天然オアシス

つまり私達は自分達の葡萄畑を庭園のように扱うことを約束したのです。質を蔑ろにして生産を強制することなく、まず健康な木々を「育て」ながら。この数年間、私たちはこの約束を守ってきました。木1本当たり1kgの生産率を維持し、木々と環境に害となる製品の使用を避け、自然が私達に与えてくれる完璧な平衡を維持するため、手作業のウエートを可能な限り大きくしました。また私達は愛好家達への自分達のワインの発表を急がないことを決めました。そうではなく、まず葡萄の木と自然から忍耐強くなることを学ぶことにしたのです。こうして最初から利益を最大化するためにフル回転の生産に乗り出すのではなく、私達の葡萄とワインを研究し、理解するため、生長のダイナミズムと潜在的可能性を評価するために試飲を続けながら、ワイン小規模生産に限定する選択をしました。

Mappa
Vigneto Casa Decima

長い年月の間、私たちはこのように慎ましく過ごしました。ナーヴェ地域の私達の葡萄畑のオアシスに行き、自分達の木が健康に育ち、葡萄の房が収穫前の秋の太陽の光の中で黄金色に輝くのを見る歓びが唯一の報酬でした。時の流れの中で私達は耕作する体力がなくなり、土地を放置していた、あるいは放置しそうになっていた老人達から隣接する一連の小さな土地を買い取りました。私達はこれらの小さな土地を掃除し、木々を救いました。そうしなければこれらの木々は放置や火事の犠牲になっていたでしょう。

Sonia nel suo vigneto
Muretto nel vigneto

私達は、地元の老人達が「カゾッタ・プンタ・デーチマ」と呼んでいたこの地域の最も高い場所に建つ小さな家に因んでナーヴェ地域の葡萄畑をヴィーニャ・カーザ・デーチマ(10番目の家の葡萄畑)と呼ぶことにしました。もはや廃墟と化したこの小さな家は、収穫中も第二次大戦中も人々の集合場所でした。実際、家の中には古い石の炉があり、女性達はここでパンを焼き、その香りが葡萄畑まで漂っていたのです。私達は自分達の葡萄畑をこの小さな家とその伝統に捧げることを決めました。パンや花々、獣、ワインの古い香り、そして私達の歴史の本質である絶滅または絶滅の危機に瀕した香りが詰まったシンプルな伝統に。

ミッレスルマーレ限界高度の葡萄栽培から生まれる純度、グレカニコ・ドラート

家族や生産者の仲間達、現地の農夫達、ワイン専門家、ソムリエ、ワイン愛好家や私達のワインのファン達とこのワインの試飲を重ねてきた今、2004年に10年の時を経て、私達が最高品質のこのジャンルにおいて唯一の製品を創り上げたと自信を持って言うことが出来ます。ミッレスルマーレは私達の葡萄畑、ヴィーニャ・カーザ・デーチマの極限高地の葡萄栽培が生んだ純度の高いグレカニコ・ドラートの限定生産ワインです。ミッレスマーレという名前はワインを生産する葡萄の生まれた場所が、「英雄的な」標高にありながら、この土地の文化と味を支配する私達の火山の起源である海にも面していることを表しています。

個性的なワイン です。高度の限界にある葡萄畑の恵みであり、私達の哲学の源となっている「シンプル」の精神が結実された葡萄品種と同じように、土地の伝統を尊重し、昔ながらの味が追及されています。そして同時に土着品種を栽培する葡萄栽培者と、房を完全に尊重しつつ、侵害せずに加工する熟練したワイン専門家のワインなのです。これは古い葡萄品種、古い伝統や古い味、そして神秘的な美しさを持つ素晴らしい地域を保護し、活用したいという願望と愛情だけに突き動かされた忍耐強い所有者の家族が推し進めるプロジェクトなのです。

テンペスタ:グレカニコ・ドラートのミレジメ(ヴィンテージの)クラシック方式

年月の流れの中で私達はナーヴェ地域の葡萄畑ヴィーニャ・カーザ・デーチマの一区画で育つ葡萄が熟れ具合、酸味の状態、糖度がスプマンテの醸造にぴったりだということに気が付きました。地所がの境界に茂るサクランボ、クルミ、栗等の樹齢数百年の木々の存在によって8月、9月、10月の午前中、日照時間を1時間ほど短くなっており、このことが葡萄の木に影響を与えていたのです。そこで私達はミッレスマーレに何年も採用している方法、房を尊重し、最小主義の厳格なアプローチによってスプマンテの元を作りました。私達はフランチャコルタのクラシック方式のエキスパートチームに依頼し、私達のカンティーナで発泡性ワイン醸造における彼らの数十年の経験を伝授してもらいました。

こうしてテンペスタが誕生したのです。私達の葡萄品種が育つ標高1100メートルの過酷な気象条件と火山が聳える海の力からインスピレーションを得てこの名を付けました。1000年の歴史を持つグレカニコ・ドラートのミレジメ(ヴィンテージの)クラシック方式で限定生産されているスプマンテです。シリアルナンバーの入った本数限定のクリュのボトルは、研究と革新の賜物ですが、同時に房を完全に尊重し、自然と私達の木々がもたらす恵みに完全に適応して造られています。